ソレノイドを使う

モーターやサーボ、ステッピングモータに比べるとあまり情報がアップされていないソレノイド。大抵、12Vあたりで使われる事もあるみたいで、あまり使用頻度が高く無いのかも。

ちょっと使ってみようと思い、安い5Vで動くSparkfunのソレノイドをゲットした。

Solenoid – 5v (small)この子だけど千石さんでもゲットできる。

正式な型番はZHO-0420L/Sでゲットしたのはプッシュタイプ。戻りバネも付いているからサクっと簡単に使える。5Vな仕様だけど、19Vくらいまで流せるみたい。パワーが欲しい時は大きめで流しても良いかも。

んで、接続するとこんな感じ。

IMG_6921

NPNトランジスタ(2SC3964), ソレノイドが戻る時に発生する電流制御用のダイオード(1N5818)を使って、5V電源はArduinoから利用する。コードはこんな感じ。

void setup(){
  pinMode(3, OUTPUT);
}

void loop(){
  digitalWrite(3, LOW);
  delay(1000);
  digitalWrite(3, HIGH);
  delay(100);
}

ちょっとコードは違うけど、こんな感じの動き。リズムを作れたりする。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください