Brain Maze

Brain Maze 2013-2021

YouTube video player Event : SHUTTER magazine Art Lounge Vol.1, internet yami-ichi 4, Maker Faire Tokyo 2021(online), 2014
Summary: generate maze from brain wave data、NeruoSky, Nero Sky Mobile2(2021~)、openFrameworks、Printer。

Overview
The maze is generated from the EEG brain wave sensor values. We The maze is generated from the EEG brain wave sensor values. We recognize the differences between ourselves and others, and the brain waves that we usually do not even recognize ourselves, like that I generate as a maze.
In many cases, participants have been digitized by technology, there are We have been digitized by technology in many cases, but there are still many unresolved issues, including consciousness. By showing the viewer a maze generated from participants’s own brain wave sensor values, the viewer is confronted with the fact that even he or she does not understand what is thinking.
And by solving the maze, participants simulate the experience of “being able to read consciousness”. The start and finish in maze are also the things that make the maze work, and they exist as objects that trace the path of black boxed consciousness (= brain waves).

Pattern using brain wave data of 125 participants at Maker Faire Tokyo

Brain waves change from time to time and are not constant, using these data in real time, the mazes created by the same participants will never be the same. But, when the agreement of the maze appears with some participants, each individual is the same is presented form of a maze in that time.
The maze generated from the brain waves at that moment becomes a Finger Print that captures the individual and the moment at that moment, and thus is embodied as a projection of the individual.
The generated maze is automatically printed and can be used as an actual maze or passed on to someone.

In addition, save all the brain wave values in a database, a maze is generated using the brain waves of the participants, and the consciousnesses of multiple participants are simultaneously reproduced as a single maze.
In general, it is difficult to “mix” brain wave with others. By saving the brain waves of many participants, this can generate a maze that mixes the consciousnesses. Here is 100 participants maze collections.

at Maker Faire Tokyo


概要(in japanese )
脳波センサの値から迷路を具現化することで、自他の違い・通常は自分ですら認識していない脳波をカオティックな迷路として認識する。人は技術によってデジタル・数値化されてきているものの、意識を初めとして現在も解決されていない問題は多くある。自分自身の脳波センサの値から生成された迷路として体験者に示すことで、自分の事ですら考えている事はよく分からないという事を突きつけている。
そして迷路を解くことにより「意識を読み取ることが出来る」という事を疑似体験する。入口・出口は迷路として成立させる物でもあり、ブラックボックス化された意識(=脳波)の経路を辿る対象として存在している。

脳波という時々刻々変化し、一定では無い値をリアルタイムで利用して、同一人物でも作成される迷路が同じ事になる事はない。しかし、迷路の一致が現れた場合は、その時の状態(=意識=脳波)の同一性が目の前に迷路という形で提示される。その瞬間に脳波から作られる迷路は、その時の個・瞬間と捉えるFinger Printになるため、個を投影した物として具現化される。生成された迷路は自動印刷され、誰かに自分の脳波を渡したり、実際の迷路として利用できる。

また脳波の値をデータベースに全て登録することで、体験者の脳波を利用した迷路を生成し、複数人の意識を同時に1枚の迷路として再現している。通常、他人と意識を”混ぜる”ことは難しい。多くの人の脳波を値として保存しておくことで、多くの人の意識を混在させた迷路を生成している。ここに100人分の個々の脳波のコレクションを集めている。

individuals maze s

mix the brain wave
The following maze is a single maze for all of participants using the maze and EEG data generated at each event. The mazes of 79 participants and individually created mazes with the same size show completely different density and complexity.

脳波を混ぜる(in japanese )
イベントで生成した迷路と参加者から収集した脳波データを利用して、全員の一つの迷路にしたものになる。79人分と個人で作成した迷路で同じサイズで見ると、密度と複雑性が全く異なった状態が得られる。

individuals maze
Patterns generated using 79 participants

Generated using brain wave data of 255 participants collected at events and exhibitions. It takes about 40 minutes to generate the data, so we have fast-forwarded it for convenience.

https://www.hirotakaster.com/wp-content/uploads/2021/10/maze.mp4
Patterns using all collected EEG data

(in japanese)
イベントや展示にて収集した255人の脳波データを利用して生成。生成には40分ほど時間がかかるため、都合上早送りにしている。