脳波と迷路と投影物

脳波を何かに使って物を動かしたり、アプリや投影物だったり何か作ってみたいとき、サクット簡単に使える脳波センサーとして次の2個が有名だと思う。

1.Neurosky
脳波センサの先駆けと思われ。猫耳とかこれ使っている。値段と入手性は高いと思われ。1点だけの測定なのでこれで何か分かるか!?といったら微妙な気がする。いまいち集中度・リラックス度が何を基準しているか分からないけど、とりあえず使えるしEEGの値も取れる。

2. Emotive
これもよく見かける。最新のは14点で測定する。見た目も割とオシャレ。NueroSkyeよりは割と色々と出来そうな感じ。自分は持っていない。いつも買おうかどうしようか悩む対象でもある。とりあえず何か値は取れるようだ。

脳波センサで何かしてみる…という事で、脳波センサを使ってロボットを動かしたのがTreasureHuntingRobotだった。

そして、去年、イベント向けでとりあえずサクット作ったもので、脳波センサで迷路を書くという物もやってみた。ソースコードを消してしまっていたようで、またロジックを組んでサクッと作ったから、次はセンサ(Kinect/Xtion/Intelカメラ…etc)で人の顔か体を特定して、取得した脳波値を使って出来る迷路をその人に向かって投影してみようかしら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください